AzureとGoogle、YahooでOpenID Connect連携を試す

AzureとGoogle、YahooでOpenID Connect連携を試す

  • Digital
    電子版(PDF版)
    1,000 JPY
  • Physical (direct)
    Ships by Anshin-BOOTH-Pack
    紙書籍+PDF版セット
    Ships within 7 days
    1,500 JPY

技術書典12の新刊です(本文88P)。 OpenID ConnectによるID連携を、AzureとGoogleそしてYahooが提供するIdentity Providerを用いて試してみる、ための具体的な手順を解説した本です。 ▼どんな本ですか?▼ いくつかのクラウドサービスにてOpenID Connectの認証サーバーであるIdentity Providerが提供されておりますが、それらのIdentity Provider側の設定操作の手順は提供元によって異なります。 そのため、手元にあるクライアントアプリであるRelying Partyの設定と、Identity Provider側の紐づけに困っている方は少なくないのではないでしょうか? 本書は、そのような方々へ向けて、AzureとGoogleそしてYahooが提供するIdentity Providerを利用する際の具体的な操作手順を、豊富なスクリーンショット付きで解説します。 また合わせて、Node.jsを用いて認可コードフローの処理手順を追いながら簡単なRelying Partyを作り、実際にOpenID ConnectによるID認証を行うまで、の手順も解説します。 ▼どんな方へお勧めですか?▼ ・とりあえずRelying Partyを作ったので、OpenID ConnectでID連携してみたい方 ・Azure/Google/Yahooが提供しているIdentity ProviderへRelying Partyを登録しようとしたが、どの画面で何を設定したらよいか分からず困っている方 ・Node.jsで簡単なRelying Partyをつくって、複数のIdentity Providerに対してID連携を試行してみたい方 ▼前提とする知識などはありますか?▼ OpenID Connect(OIDCなどと略される)について、以下の登場人物とID連携に必要なパラメータを、 「大雑把で良いので理解されている方」を対象とします (=これらのキーワードを知っている、くらいの意図です)。  ・Identity Provider(IdPなどと略される)  ・Relying Party  (RPなどと略される)  ・クライアントID  ・クライアントシークレット  ・リダイレクトURI ※OIDC自体の解説はしておりません。「仕様の理解」よりも「実際に動かせる」ことを目的としています。 ※より詳しい「本書で解説すること、しないこと」については、サンプル画像の3枚目と4枚目を参照ください。 ▼頒布形態について▼ 「電子版(PDF版)」はダウンロード商品となります。 「紙書籍+PDF版セット」は紙書籍版と「電子版(PDF版)」のセットとなります。 セットを選択いただいた場合、購入後に直ぐ「該当する注文の注文詳細」からPDF版をダウンロード可能となります。PDF版と紙書籍版の内容は同一です。

About shipping
Shipped from warehouse

These products are shipped from BOOTH warehouse as soon as payment is confirmed.

Shipped from home

These products are packed and shipped from the seller. "Ships within ~ days" are the estimated number of days from when payment is confirmed at BOOTH until the item is shipped.
Items shipped by Anshin-BOOTH-Pack will be delivered anonymously.

Download item

You will be able to download these products from "Purchase History" at any time after payment is confirmed.

Shipped from pixivFACTORY

These products are manufactured and shipped by pixivFACTORY as soon as payment is confirmed.

技術書典12の新刊です(本文88P)。 OpenID ConnectによるID連携を、AzureとGoogleそしてYahooが提供するIdentity Providerを用いて試してみる、ための具体的な手順を解説した本です。 ▼どんな本ですか?▼ いくつかのクラウドサービスにてOpenID Connectの認証サーバーであるIdentity Providerが提供されておりますが、それらのIdentity Provider側の設定操作の手順は提供元によって異なります。 そのため、手元にあるクライアントアプリであるRelying Partyの設定と、Identity Provider側の紐づけに困っている方は少なくないのではないでしょうか? 本書は、そのような方々へ向けて、AzureとGoogleそしてYahooが提供するIdentity Providerを利用する際の具体的な操作手順を、豊富なスクリーンショット付きで解説します。 また合わせて、Node.jsを用いて認可コードフローの処理手順を追いながら簡単なRelying Partyを作り、実際にOpenID ConnectによるID認証を行うまで、の手順も解説します。 ▼どんな方へお勧めですか?▼ ・とりあえずRelying Partyを作ったので、OpenID ConnectでID連携してみたい方 ・Azure/Google/Yahooが提供しているIdentity ProviderへRelying Partyを登録しようとしたが、どの画面で何を設定したらよいか分からず困っている方 ・Node.jsで簡単なRelying Partyをつくって、複数のIdentity Providerに対してID連携を試行してみたい方 ▼前提とする知識などはありますか?▼ OpenID Connect(OIDCなどと略される)について、以下の登場人物とID連携に必要なパラメータを、 「大雑把で良いので理解されている方」を対象とします (=これらのキーワードを知っている、くらいの意図です)。  ・Identity Provider(IdPなどと略される)  ・Relying Party  (RPなどと略される)  ・クライアントID  ・クライアントシークレット  ・リダイレクトURI ※OIDC自体の解説はしておりません。「仕様の理解」よりも「実際に動かせる」ことを目的としています。 ※より詳しい「本書で解説すること、しないこと」については、サンプル画像の3枚目と4枚目を参照ください。 ▼頒布形態について▼ 「電子版(PDF版)」はダウンロード商品となります。 「紙書籍+PDF版セット」は紙書籍版と「電子版(PDF版)」のセットとなります。 セットを選択いただいた場合、購入後に直ぐ「該当する注文の注文詳細」からPDF版をダウンロード可能となります。PDF版と紙書籍版の内容は同一です。